【モグワン】注目したい成分は〇〇!

「モグワン」は栄養面に優れてるお馴染みのドッグフードですね。

原材料名や成分表はサイト内にありますが…

どの辺がどのように良いのか?

分からないですよね。

その場合、特に注目したい成分をあげていくと分かりやすいかも!


ましろ
ましろ

ということで、今回は【注目したい成分】を紹介しながら、モグワンドッグフードがどの点で優れているのかを見ていきましょう!

ヨーキーくん
ヨーキーくん

ゴー!



【モグワン】注目したい成分は4つ!

注目したい点はたくさんありますが、まずは成分にしぼって見ていきましょう。

モグワンの注目したい成分は以下の4つです。

  1. オメガ3脂肪酸
  2. オメガ6脂肪酸
  3. グルコサミン
  4. コンドロイチン


【オメガ3脂肪酸】と【オメガ6脂肪酸】が配合されていることにより、わんちゃんのツヤのある毛並みを保つサポートをしてくれます。

元気に走りまわるわんちゃんの骨や関節の健康にうれしい【グルコサミン】【コンドロイチン】も含まれています。



モグワンはAAFCOの基準を満たしている

モグワンはAAFCOの基準を満たしているドッグフードです。

AAFCOとは?

米国飼料検査官協会のことで英語で「The Association of American Feed Control Officials」と書きます。
ペットフードの栄養素基準やラベルの表示基準を設定しているアメリカの団体のことです。世界的にもドッグフードの栄養素基準となっています。



穀物不使用なグレインフリーのモグワンドッグフード

本来犬は肉食で穀物類を消化しにくい体質なので、麦や米などの穀物は胃に負担がかかります。

消化ができないことで便秘や下痢、毛並みがツヤ失われる恐れもあります。

モグワンは消化しにくい穀物は一切使用していないグレインフリーなドッグフードで安心できますね。



全犬種&全ライフステージに対応している

すべての「犬の種類」と「成長段階」でも対応しているので、どの子にもあげやすいですね。

しかし口コミの中には食べてくれない子もいるようです。

どのドッグフードにも言えることですが、絶対にどんなわんちゃんにも合うフードはないでしょうね。



あらためてモグワンの原材料と成分表を確認してみた

モグワンのホームページに載っている各原材料や成分をあらためてじっくり見ていきましょう!


原材料表

原材料名効能・注目ポイント
チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)高タンパク、低脂質な良質なたんぱく質原(生肉含む)を50%以上使用している。
筋肉・皮膚などを体の基礎を作るのに大切。
サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆消化しにくい穀物の代わりに低アレルゲンの芋・豆類を使用し、食物繊維を補給。
ビール酵母ビールを作る過程で使用する酵母菌のひとつ。
【腸内環境の正常化】などに効果があるとされている。
アルファルファマメ科の多年草。
【食欲増進】【利尿作用】などに効果があるとされている。
硫酸第一鉄水和物 (ミネラル類)鉄分の1種。
貧血などを防ぐ働きがあるとされている。
硫酸亜鉛一水和物 (ミネラル類)亜鉛は皮膚の健康成長を促進させる効果があるとされている。
硫酸マンガン一水和物 (ミネラル類)マンガンは糖質、脂質、骨の生成に必要な酵素を作る働きがあるとされている。
硫酸銅(II)五水和物 (ミネラル類)銅は鉄を必要な場所に運ぶ働きがあり、体中の多くの酵素の成分になっている。
無水ヨウ素酸カルシウム (ミネラル類)甲状腺機能の健康を手助けする役割がある。
亜セレン酸ナトリウム (ミネラル類)細胞の酸化を防ぎ、【抗酸化作用】があるとされている。
ビタミンA目の健康や皮膚、歯などを作る働きがあるとされている。
ビタミンD3骨の形成、歯の健康に良いとされている。
ビタミンE細胞膜の健全性を保ち、抗酸化成分として働く効果があるとされている。
ココナッツオイル素早くエネルギーに変換し、若々しさを保つ効果も期待できる。
バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、多くの果物や野菜を栄養バランスを考えて、上手に配合されている。
カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ皮膚の健康、免疫力の維持、肝臓機能を高めるなどの効果があるハーブが配合されている。
グルコサミン、スルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン骨や関節の健康にうれしい成分。
乳酸菌腸内環境を整え、免疫力を高める効果があるとされている。
ましろ
ましろ

原材料を見てみると、自分たちが普段食べている食材が多く、できるだけ自然の食材を使っているということが分かりますね。


4Dミートなどペットフードは食用に適していない肉を加工しても法律的に問題がないことになっています。

しかしモグワンは人間に使われる食品くらい食材の品質も高いです。


4Dミートとは?
  1. Dead…死骸
  2. Dying…死にかけだった
  3. Diseased…病気だった
  4. Disabled…障害のあった

字面を見ているだけで頭が痛くなります。



成分表

モグワンの成分AAFCOの成犬用基準AAFCOの幼犬用基準
エネルギー(100gあたり)363kcal
粗タンパク質30.00%18.0%以上22.5%以上
脂質12.00%5.5%以上8.5%以上
粗繊維3.00%
粗灰分8.00%
水分8.00%
NFE39.00%
オメガ3脂肪酸1.18%
オメガ6脂肪酸1.63%1.1 %以上1.3%以上
リン1.06%0.5~1.6%1.0~1.6%
カルシウム1.40%0.5~1.8%1.2~1.8%
‐2020年4月現在₋
ヨーキーくん
ヨーキーくん

モグワンはAAFCOの栄養基準をクリアしているドッグフードだよ!


AAFCOとは?

米国飼料検査官協会のことで英語で「The Association of American Feed Control Officials」と書きます。
ペットフードの栄養素基準やラベルの表示基準を設定しているアメリカの団体のことです。世界的にもドッグフードの栄養素基準となっています。



まとめ

今回は「モグワンの成分」や原材料の効果などを紹介してきました。

ステマサイトや悪評など目立つ部分もありますが、原材料や成分的には悪いようには感じませんでした。

しかし同じ犬種や年齢であってもそれぞれ個々に違いがあり、必ずしもどのわんちゃんにも合うドッグフードはありません。

自分の目で確かめてみないことには自分のわんちゃんにも合うかは分かりませんね。

成分表や原材料の一覧を調べてみて、添加物などをガンガン使われているフードよりモグワンは安心はできるのではないかと思います。


ましろ
ましろ

ドッグフードを買うときは事前に原材料、成分表をチェックしよう!

ヨーキーくん
ヨーキーくん

チェック チェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました