【ヨークシャーテリア】犬の目やにの色から分かる状態とケア

今回は「ヨークシャーテリアの目やにの状態とケアの仕方」について紹介しようと思います。

朝、気がついたら目やにがたくさんたまっていることはありませんか?

目やにがたまらないようにこまめに「ふやかしたコットンなどで」にやさしく取ってあげることが大切です。目を傷つけないように横方向ではなく、上から下のように縦方向に取るといいですね。

色も見てみるとわんちゃんの目の状態も分かるので、取ってあげるときに確認してみましょう。【白・黒・茶・灰色】は大丈夫ですが、【黄色・黄緑】になっていたら病気のサインかもしれません。

特にヨークシャーテリアはパグ、プードル、チワワなどと一緒で目やにの付きやすい犬種なので注意深く日頃から目の観察もしておくと良いですね。

▼例えば以下のような「行動していないか」や「状態でないか」確認!

  • 目をこすってないか
  • まばたきが多くないか
  • モノを見るとき目を細めていないか
  • 目が充血してないか
  • 目が白濁してないか
  • 白目が黄色くなってないか
  • 目の下が腫れてないか
  • 目の周辺の毛が変色していないか
  • 目の周辺が目やにで固まってないか


ましろ
ましろ

目やにがたまりやすいよね。

ヨーキーくん
ヨーキーくん

気づいたらすぐに取ろう!



「目やにの状態」目やには何色?

あなたのわんちゃんの目やには何色ですか?

一般的な目やに色であれば大丈夫ですが、色や状態によっては病気の可能性もあります

目やにの状態を確認してみましょう!


【通常の目やに】
「白・黒・茶・灰色」は大丈夫→こまめにふやかしたコットンなどで取ってあげると良いです。

【病気の可能性がある!】
以下の症状がある場合は動物病院で診てもらいましょう。

  • 「透明で涙が出続ける」状態は流涙症や結膜炎かも
  • 「白くて水っぽい」目やには角膜炎や結膜炎かも
  • 「黄色で水っぽい」目やには結膜炎やドライアイかも
  • 「黄色くてドロドロ」の目やにはドライアイかも



「目やにのケア」ぬるま湯でやさしく

目やにを取るときは毛を引っ張るようにして無理やり取ってはいけません

わんちゃんが次に目やに取るときに嫌がってしまったり、眼球を痛めてしまうこともあります。

  1. ぬるま湯で湿らせてコットンを柔らかくしておきます。
  2. 後ろから行うようにします。(真正面からだとびっくりさせてしまう)
  3. あごを手で支えます。
  4. 柔らかい目やにはそっとくっつけて引くことですぐ取れます。
  5. 固いものはコットンを当てて目やにを柔らかくしてから、上から下へ拭くようにして取ります。(横で拭くと眼球を傷つけてしまうこともあるので)


ましろ
ましろ

やさしく拭き取ります。

ヨーキーくん
ヨーキーくん

無理に取ろうとすると毛まで取れちゃう(汗)



目やに状態から分かる「病気の種類」

主な目やにの病気をまとめてみました。

  • 流涙症(涙やけ)…涙が常に出ている状態。目頭が茶色くなってしまう。
  • 角膜炎・結膜炎…角膜と結膜に炎症を起こして、かゆくなったり、充血したりする。
  • ドライアイ…涙の量が減り、目が乾燥してしまう。まばたきが増えたり、充血したりする。
  • チェリーアイ…瞬膜の内側にある瞬膜腺が反転し、外に出てしまう。結膜炎になったり、充血したりする。
  • 白内障…眼球の内部にある水晶体が白く濁り、視力が低下していく。失明してしまうこともある。
  • 緑内障…眼球の内側から外側にかけて強い圧力がかかり、激しい痛みを感じる。短期間で失明してしまう。
  • ぶどう膜炎…ウイルスや細菌などの感染や目の病気が進行した合併症として起こることが多い。目やにが増えたり、目が充血したりする。


うちの子は暗いところで目が見にくくなっていたので、お医者さんに診てもらいました。

塗り薬と飲むお薬をもらい、今でも毎日ご飯を食べる前にあげています。前よりかは目の充血、目やにが少なくなったと思います。



まとめ

「ヨークシャーテリアの目やにの状態とケアの仕方」について紹介してきました。


あなたのわんちゃんの目やにの状態はどうですか?

【通常の目やに】
「白・黒・茶・灰色」は大丈夫→こまめにふやかしたコットンなどで取ってあげると良いです。

【病気の可能性がある!】
以下の症状がある場合は動物病院で診てもらいましょう。

  • 「透明で涙が出続ける」状態は流涙症や結膜炎かも
  • 「白くて水っぽい」目やには角膜炎や結膜炎かも
  • 「黄色で水っぽい」目やには結膜炎やドライアイかも
  • 「黄色くてドロドロ」の目やにはドライアイかも

また目やにの状態を観察しながら、気がついたらやさしくコットンで取ってあげましょう。

犬は人間ほど色を識別することが苦手ですが、一緒に散歩するとき少しでもきれいな景色をわんちゃんに見せてあげたいですよね。

ましろ
ましろ

そのためには日頃から目の健康にも気を遣っていきたいです。

ヨーキーくん
ヨーキーくん

目もだいじ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました